毛深い人は薄毛になる

毛深い人は薄毛になるとよく言います。しかしこれには根拠はありません。ハゲの人ほど胸毛が濃く生えていたりするので、毛深い人ほどハゲやすいと思ってしまいます。しかし、頭髪の多い少ないは、女性ホルモンのバランスによるもので、男性ホルモンの量には関係がありません。従って、毛深いことと薄毛には関係はないのです。男性ホルモンの分泌量が多いことが薄毛に直結するわけではなく、男性ホルモンは、5αリダクターゼという酵素の作用で、DHTに変化します。DHTは毛根の毛母細胞に結びつくことで脱毛作用を引き起こします。DHTは毛母細胞のレセプターと結合することで働きますが、レセプターの数は生まれ持った体質で異なります。つまり、DHTの産出量が多くてもレセプターが少なければ薄毛に発展することはないのです。薄毛は、男性ホルモンのテストステロン、5αリダクターゼ、レセプターの3つの要素で決まります。テストステロンの分泌量が多くても、他の2つの要素を満たしていなければ薄毛になることはありません。毛深い人でも、細胞がDHTをキャッチする働きが弱ければハゲる可能性は低いので、毛深い人が必ず薄毛になるということはありません。